もう怒らない!反抗期をうまく切り抜けるコツ

もう怒らない!反抗期をうまく切り抜けるコツ

正解、不正解がない子育て。
特に反抗期を迎えたお子さんを子育て中のお母さんの苦労は並大抵のものではないですよね。

1言えば10返ってくる・・・
約束を守ってくれない・・・
会話が成立しない・・・
理不尽に周りに当たる・・・

毎日怒るのに疲れてしまっているお母さんは多いのではないでしょうか?

カウンセラーのお仕事をしていると子育ての中でも相談が多いのが
実はこの『反抗期の子供への接し方』です。

接し方が分からず怒りに任せて大声を出したり、手を上げてしまったり。
「どうしたらいいかわかりません・・・」
と相談されるお母さんがとても多いのです。

目次

意外と多い!?子供に怒ってしまった後の罪悪感

子供の反抗期。
怒りに任せて怒ってしまった後に襲ってくる罪悪感。
実はこの罪悪感に苦しむお母さん達は意外と多いのです。

「接し方が分からずついつい怒り過ぎてしまった・・・」
と罪悪感から相談に来られる方も多いです。

できればもう怒りたくない!
これが反抗期のお子さんを持つお母さん達の本音ではないでしょうか。

そんな反抗期のお子さんを子育て中のお母さんに
今日は、『もう怒らない!反抗期をうまく切り抜けるコツ』をお伝えします。

反抗期はいつくるの?

一般的に反抗期は2回くると言われています。

第一次反抗期
第一次反抗期は2歳ごろの乳児期から始まる、いわゆる『イヤイヤ期』。

第二次反抗期
第二次反抗期は中学生から高校生ごろに見られるいわゆる『思春期』。

この2つがいわゆる反抗期と言われるものですが、こちらはあくまで一般的に言われているものです。
しかし実際はお子さんによって時期の多少の違いがあるのが本当のところです。

「あれ?最近何か違う?」と思ったらもしかしてそれは反抗期かもしれません。

子供の反抗期は成長の証

しかし反抗期は悪いことばかりではありません。

反抗期とは体と心が大人へと成長していくために起こるものだと言われています。
ですがまだ成長途中のため体と心のバランスが取れずイライラしたり反抗したりしてしまう・・・

いわゆる反抗期とはちゃんと成長していることの証とも言える現象なのです。

もしもお子さんが反抗期でどうにもならないお母さんはこの事を思い出してみてくださいね。
ちゃんと成長している証だと分かれば少し大変さは軽減されるかもしれません。

反抗期の子育て、怒らずに子供に言うことを聞いてもらう方法

ラベリング効果でうまく意識付ける

子供が反抗期に入ってからは毎日言い合いばかり・・・

毎日怒るのにもたくさんのエネルギーを使いますよね。

もう怒りたくない!
そんなお母さん達に今日は『ラベリング効果』と言う心理テクニックをご紹介します!

ラベリング効果とは
「あなたって●●よね!」
と勝手にラベリングすることで、本当に相手がその通りに行動してしまうと言う心理です。

例えば・・・
「●●さんってとても優しい方なんですね!」
と言われたとします。
するとその人の前では次からもなんとなく優しく接してしまうようになる。
なんて感じです。

確かにそんな事言われたら、もうその人の前では怒りづらいですよね。

他人からラベリングされると誰でも無意識にそのように振舞ってしまう。
それがラベリング効果です。

人は必ず自分自身のセルフイメージという物を持っています。
セルフイメージとは自分とはこういう人間だという自分自身に対してのイメージです。
「自分は人見知りだ」「自分には正義感がある」などです。
そしてそのセルフイメージは耳から入ってくる言葉と自分の発する言葉で決まると言われています。
今回のラベリング効果は、その耳から入る言葉を変えてあげるというテクニックです。

そしてこのラベリング効果の良いところは、実際そうでなくてもそのようになっていくと言うところです。

例えば優しくなくても、
「優しいね!」と何度もラベリングすることによって優しい性格になっていくと言うことです。
これを反抗期のお子さんの子育てにも応用してみてください。

なお、このラベリング効果は子育てだけではなく、その他の人間関係などにも使えます。

実際知り合いの方で
旦那さんに、「あなたって片付けが上手よね」と言い続けた方がいます。
すると今まで脱いだ靴下やズボンがそのままだった旦那さんが、ちゃんと洗濯機に入れるようになり、片付けも以前よりするようになった方がいます。
怒るとはとてもエネルギーを使い疲れてしまいます。
是非このラベリング効果を使って少しでもイライラする時間をなくしてみてください。

とにかく褒める

そしてラベリング効果と合わせてとにかく褒める!
とさらに効果的です。

例えば約束を守ってくれなかった時に・・・
いつもなら「なんで約束したことも守れないの?」
と怒ってしまいがちですが、
そこを「今日はどうしたの?いつもちゃんと約束守ってくれるいい子なのに・・・」
と言ってみるなど、約束を守ってくれる人とラベリングしていきます。

そして一回でも約束を守ってくれた時は、
「約束守ってくれたんだね!お母さん嬉しいよ!」と褒めてあげてください。
褒めながらラベリングすることによってお子さんも嬉しいし効果アップです。

何かにつけて理不尽に反抗的に言い返してくる場合なども・・・
「今はそんな事言っているけど、お母さん本当はすごく優しいこと知っているよ」
などと言ってあげてみてください。
そしてできた時は必ず褒める。
はじめはそれでも反抗的でイライラするかもしれませんが、言っているうちに効果が出てきます。

そして怒らなくていいのでストレスも減ってくるのがわかるはずです。

子育てには息抜きも忘れずに

このラベリング効果を使ったとしても子育てはまだまだ大変なこともありますよね。

子供は宝物です。
しかし子育てをしていると可愛いだけじゃない時もあります。

子供は大切だし可愛いはずなのにどうしてもイライラしてしまう・・・

私自身そんな自分から出てくる感情に「親として最低だ・・・」と困惑してしまう時もあります。

子育てには息抜きもとても大事です。
もし自分が崩れてしまったら大切なお子さんや旦那さん、家族や周りの人を幸せには決してできません。
それこそ本末転倒です。

まずは一番に自分の機嫌をとる!
これくらいの気持ちでいいと思っています。

自分がしっかりリフレッシュできているとちゃんと周りとも冷静に向き合えます。
なので息が詰まった時は一度息抜きをしてリフレッシュしましょう。

子育て中。4つの息抜きの方法

1.子供を預けて出かける

旦那さんや両親に子供を預けられる場合はお願いして出かけてみる。

友達と旅行へ行ったり、1人で映画を見たり。
普段できないけどやりたかったことをやると心も体もリフレッシュできます。

2.体を動かす

スポーツやフィットネスなど体を動かすことはストレスの解消に大きな効果があるとされています。
お子さんが小さくて離れられない場合は一緒に散歩に行くなどして体を動かしてみるのもいいかもしれません。

3.自分磨きをする

子育てに追われているとついつい自分の美をおろそかにしてしまいます。
気づいたらずっと鏡を見ていないし、最後に化粧をした日を思い出せない・・・
やはり女性はいつまでも綺麗でいたいと思うものです。
しかしそんな事が続くと気持ちも沈んできてしまいます。
そんな時は美容院やエステに行って自分磨きをしてみるのもオススメです。
家を空けられない場合は自宅でできるパックやセルフネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

4.ゆっくり湯船に浸かる

湯船に浸かることはリラックス効果があると認められています。
日々忙しいと烏の行水のようにお風呂を済ませてしまいがちですよね。
なのでたまには湯船にゆっくりと使ってリラックスし、息抜きしてみてください。

全て簡単に思われるかもしれませんが、日々子育てに追われているとどれも案外できないことばかりです。
なので少し時間を作って試してみるだけできっと思った以上に息抜きできると思います。

さいごに

子供の寝顔を見ると『明日も頑張ろう!』とやる気になったりします。
子供は大切で可愛い存在です。

しかし日頃常に子供と一緒にいて子育てをしているお母さんは辛いことも多いはず。
そんな時このラベリング効果を実践してみてください。

そして自分にあった息抜きを見つけて子育てを一緒に乗り越えていきましょう!
ホッとライフでは子育てに関する悩み相談を実施中!もやもやする方はお気軽にこちらまでお気軽にご相談ください。
相談専門家nanaのページ >>

こちらもお薦めの記事・同じジャンルの記事

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。