嫉妬深い男はどうして生まれる?彼との関係を良くする方法3選

嫉妬深い男はどうして生まれる?彼との関係を良くする方法3選

嫉妬深い男性の特徴を知っておこう

嫉妬は、誰もが少なからず持つ感情です。しかし、嫉妬深い男性には共通の特徴があります。そのいくつかを、下記にご紹介しましょう。

・独占欲や束縛が強い

嫉妬深い男性は、「彼女のすべてを自分の物にしたい」という思いを抱えているものです。例えば、彼女の1日のスケジュールをすべて把握しておかないと気が済まなかったり、頻繁に電話やLINEで様子をうかがってくるという行動をしがちです。彼女がいつ・どこで・誰と・何をしているかを分かっていることで、優越感に浸ることができ、自分を納得させます。

また、彼女の外見を自分の好みに変えさせようとする言動が見らえることもあるでしょう。「目立つ色は着ないでほしい」「髪を短く切ってほしくない」など、彼女を自分の思い通りにカスタマイズすることで、安心しているのです。

・自分以外の男性と触れ合うのを極端に嫌がる

彼女も仕事やプライベートなど、彼女自身の生活があります。また、生活しているかぎりは誰かとコミュニケーションを取らなければならないこともあるでしょう。しかし、嫉妬深い男性は、仕事上で彼女が男性と話をするのはもちろん、用事で男友達と連絡を取ることさえも制限してしまいます。

他にも、彼女のSNSやメールなどのチェックを細かく行ったり、彼女が知っている男性の悪口を頻繁に言うなどの態度を見せます。自分以外の男性と触れ合うことで、彼女が浮気をするのではないかと、心配でいられないのです。

・自分に自信がなく、人の評価を過度に気にする

嫉妬深い男性は、彼女を縛り付けるにも関わらず、自分のしていることに常に自信が持てず、優柔不断な発言が多いのも特徴です。はっきりと発言できないのは、そうすることによって彼女が逃げて行かないかを、無意識に気にしているからです。

また、人に認めてもらうことで安心できるため、人目を異常に意識し、嫌われないように振舞おうとすることもあります。

なぜ彼氏が嫉妬深いの?嫉妬の裏に潜む背景とは

彼氏が嫉妬深いと、彼女自身が我慢しなければならないことも多くなり、時には喧嘩になることもあるでしょう。しかし、彼氏が嫉妬深い性格に至ったのには、理由が存在することが多いのです。

小さい頃から親に甘やかされて育った

小さい頃から親が過保護すぎると、子どもは何でも自分の思う通りに物事が動くことが当たり前になってしまいます。そのため、自分は人から愛されて当然だと感じるようになるのです。

自分は愛されて当たり前だと思っている男性は、彼女が自分の考えとは違う行動を取ったとしたら、「自分こそが一番なのに、言うことを聞いてくれないのは嫌だ」と感じます。そして、何とか言うことを聞かせるために彼女を束縛するなど、嫉妬の行為に走りやすくなります。

幼少期に親の愛情を感じることができなかった

逆のパターンで、親が厳しく、甘えることもできなかったという環境に育つと、人を信じること自体が難しくなるといわれています。そういう子どもが大人になり、彼女ができたとしても、事あるごとに自分が愛されているのかが不安になります。

このような不安を感じないためには、彼女のすべてを支配することで、愛情を試すような嫉妬行動をしがちとなるのです。

試してみよう!嫉妬深い彼氏への上手な接し方

彼氏が嫉妬深くても、せっかく出会えた相手です。そして、彼氏にも良いところはたくさんあることでしょう。できれば、彼氏の嫉妬深さと上手に付き合っていけたら良いですよね。ここでは、嫉妬深い彼氏に有効な接し方について、ご紹介します。

彼氏を認めて、褒めてあげる言葉かけや態度を示す

嫉妬深いということは、裏を返せば一途・愛が強いと言い換えることもできます。その彼氏の長所に注目して、「私のことをそんなに思ってくれてありがとう。」「愛されている私は、幸せものだよ」などと言う言葉かけや、笑顔を見せたり、嬉しそうなそぶりをしてみてください。彼氏が嫉妬深いと、どうしてもマイナス面についてフォーカスしてしまうものですが、プラスとマイナス面は表裏一体であることも良くあります。

彼女が接し方を少し変えることで、彼氏も安心し、自信を得ることができるようになるでしょう。

自分の方からスケジュールを教えたり、デートに誘ったりすることを増やす

嫉妬深い彼氏は、彼女の行動や考えが見えないからこそ、心配になり束縛したくなってしまう傾向があります。彼氏から束縛めいたことをされると、「うっとおしい」とイライラしてしまうものですが、できるかぎり彼女から彼氏に自分の情報を教えたり、デートに誘ったりすることを心がけることも重要です。彼女からアクションを起こすことで、彼氏の不安を減らすことができるからです。

また、このような行動をルーティンに続けることで、彼氏も「彼女がちゃんと自分のことを伝えてくれる」と安心感を持ち、嫉妬が軽くなることもあります。彼氏に、自分から尋ねなくても彼女が教えてくれると思ってもらえたら、成功です。

カップルまたは自分自身がカウンセリングを受ける

いくら努力しても、当人同士で話し合うと、意見が食い違ったりなどで喧嘩になることもあるでしょう。そうなるのを防ぐためにも、カウンセラーという第三者を入れて、冷静に問題に向き合うことが大切です。可能なら、カップルでカウンセリングを受ければ相手の気持ちが理解しやすくなり、より効果が出やすいと言えます。さらに、2人揃ってカウンセリングに行くことで、彼氏も問題を解決しようという意識が生まれてきますので、物事が徐々にプラスに働いていくこともめずらしくありません。

しかし、彼氏がカップルカウンセリングを嫌がる場合には、彼女だけでカウンセリングを受けても問題ありません。カウンセラーに本音を話すことで、自分の心を整理できたり、冷静なアドバイスがもらえる可能性も高いです。

また、「彼氏が束縛してくることを対面ではいいづらい」「カウンセラーに自分の顔を知られたくない」という場合もありますよね。そういうときには、ホッとライフのオンラインカウンセリングがおすすめです。匿名のうえ、LINEのチャットでやり取りできるシステムになっていますので、顔を出さずにいつでも相談ができますよ。

彼氏を変えるより自分が変わることにポイントを置いて

彼氏が嫉妬深くなったのには、少なからず理由があります。中でも、生まれ育った環境が影響している場合が多いので、すぐに変化を求めることは難しい場合もあるでしょう。そのため、彼氏がなぜ嫉妬深くなったのかを理解し、彼女の方が対応を変える方が、2人の関係がスムーズになることが少なくありません。

しかし、彼氏の嫉妬が苦痛になり、自分らしく生きることができなくなってしまうのなら、一定期間彼と距離を置いたり、別れるという選択肢を考えるのも可能です。自分自身の心のキャパシティーを超えないように対処することが大切だと言えます。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。