うざい上司への接し方・上司との最適な距離を見つけるために

うざい上司への接し方・上司との最適な距離を見つけるために

うざい上司の特徴とはどういうもの?

うざい上司はよくいるものですが、具体的にはどういう特徴があるのでしょうか?以下に、ありがちなうざい上司の詳細について解説します。

自分のことしか考えていない

仕事をする上で「自分のことしか考えられない」「自分の都合で全て物事を動かそうとする」人は、確実に周囲からうざがられます。特に、部下を動かす機会が多い上司がそんな人物だと、致命的でしょう。

部下の状況を考えずに、自分の都合で仕事を振る、仕事を振ったらフォローは一切しないで自分の作業だけに没頭する、指示を明確にしてくれないなど、周囲を気遣うことなく無責任、自分のやりたいように行動してしまうのが、この手のタイプの上司です。また、そういったタイプの人は、自分の無責任さが原因でトラブルが起こったとしても、自分の非を認めることなく平気で部下のせいにしたりします。

自分の自己中心的なスタンスにしても、「自分は間違っていないし、正しいことをしている」「部下が出来ないだけ」と反省することがありません。思い込みが強い人も多いため、少々厄介です。

必要以上に神経質で愚痴を言ってくる

仕事が丁寧で細かいことは大変素晴らしいことですが、これも限度を超えてしまうと、神経質でこだわりが強すぎるうざい上司になってしまいます。会社全体で決められているマニュアルには当然従う必要がありますが、「自分なりのやり方やこだわり」を必要以上に押し付け、強要してくるのです。

そういった上司は、「自分のやり方やこだわり」に対して神経質に反応し、少しでもそこからズレた行動をすると不快感を露わにし、何が何でも自分のやり方を順守させようとします。また、自分の思い通りにならないことがあると、すぐに愚痴や不平不満を言うという傾向も持ち合わせているため、うざさが2倍となります。

こういったタイプの上司は、自分の決めている枠から外れてしまうことをガマンすることができない、「器の小さな人」とも言えます。

気分屋でその時々で言うことが違う

その日の気分によって全然態度が違うことも、うざい上司の典型的な例として挙げられます。機嫌がいいときは部下に優しい言葉をかけたり、少しのミスも笑って許してくれるけれど、機嫌が悪いときには冗談が通じなかったり、いつもは許されるミスも許されなかったりします。
さらには仕事場の空気も悪くなり、同じ空間で過ごしている人はたまったものではありません。

自分の感情で周りに対する態度や言うことがコロコロ変わるのは、「扱いづらい」「めんどくさい」と感じられ、周囲からうざがられる存在になってしまいます。

うざい上司にはどう接する?その対策法とは

うざい上司がいると、時には自分の仕事さえはかどらなくなるものです。しかし、うざい上司をどこかに追いやることは難しいですよね。ここでは、うざい上司へどう接していけば良いのかについて、ご紹介します。

仕事上でしか関りを持たないようにする

どこの仕事場にも、1人や2人は「うざい上司」がいるものです。そして悲しいことに、ほとんどの人は自分の上司を自由に選ぶことが出来ない環境にいます。

もし、うざい上司に当たってしまった場合にまず出来る対処方法として挙げられるのが、「仕事上でしか関わりを持たないようにする」ということ。仕事だけの関わりだけと決めてしまえば、「これは仕事だから仕方ない。お金をもらっているんだから」と自分に言い聞かせて、何とかガマンすることができるからです。

そして、極力その上司と接点や関わりを持たないように心掛けましょう。うざい上司に嫌われると、毎日のように嫌がらせを受けて、とても辛い思いをしながら会社に行かなければいけません。しかし、気に入られてしまうと、常にうざい上司と関わらなければいけなくなり、不快感でストレスに苛まれてしまうでしょう。

効果的な方法としては、上司に興味を持たれないように影を薄くする、上司がしてくる話に不快を感じさせない程度にそっけなくするなどが有効です。好かれもせず、嫌われもせず、上司があなたに「無関心」になってくれるのが理想だと言えます。

上司が言ったことを復唱しながらメモを取る

「仕事として割り切る」「必要以上に関わりを持たない」ことも大切ですが、自分の身を自分自身で積極的に守ることも大切になってきます。
そこで効果的なのが、「上司が言ったことを復唱する」「上司が言ったことをメモをとる」という方法です。無責任な上司は、自分の不十分な説明や間違った指示が原因でミスが起こったとしても、平気で部下のせいにすることがあります。部下に責任がないことが事実であっても、パワーで押さえつけられては泣き寝入りするしかありません。

そうならないためにも、上司に指示されていることを上司の目の前で復唱しながら、メモを取るようにしましょう。確認をする際にも、ちょっとおかしいな?と感じるならすぐに、「いつもは○○の場合はプランAとご指示されますが、今回はプランBという認識で合っていますか?」としっかりとメモしながら確認してください。

それで問題が起こったとしても、「今回はプランBで問題ないことを2回確認しましたよね?」と反論することができますし、問題が大事になったとしても会社に事実を報告できるため、あなたが責任を追う必要もありません。うざい上司から自分の身を守る方法としてとても有効なので、ぜひ取りれてくださいね。

信頼できる上司などに相談する

自分の上司は自分で選ぶことは出来ないけれど、もしかするとうざい上司から離れることができるかもしれない方法がひとつあります。
それはうざい上司よりも、さらに上の上司に現状を相談するということです。信頼できる別の上司でもかまいません。うざい上司よりもさらに上の上司に相談することで、「部下からの評判がよくない=会社全体のためにならない」と配置換えをしてくれたり、上から注意や指導をしてくれることも考えられます。会社全体のためにも、目に余る上司の現状を報告しておく必要があるでしょう。

うざい上司よりも上の上司に信頼できる人がいない&そういった機会がないという方でも、身近な上司に信頼できる人がいるのであれば、そういった人に頼るのも方法です。うまく生き抜いていくアドバイスをくれたり、うざい上司に態度を改めるように話をつけてくれたり、上へ掛け合ってくれるかもしれません。

かならず上手く話が進むという保証はありませんが、何か現状が変わるかもしれません。何もしないでずっとこのままでいるよりは、行動してみる価値はあるのではないでしょうか?

対策をしても無理な時は?新しい選択肢を増やそう

うざい上司に上記のような対策を試みても、状況がイマイチ変わらないこともあるかもしれません。そういう場合は、なかなか自分らしく仕事を進めることができなくなりますよね。あなた自身の心が楽になるためには、次のような別の方法も考えてみましょう。

反面教師にすることで仕事に活かす

うざい上司も、少し視点を変えるとありがたい存在に感じることもあります。「ああいう上司に絶対にならないでおこう」「自己中に仕事をしていると、将来ああなってしまうんだな」と反面教師にすると意外に学びがあり、仕事に活かすことができるので不思議なものです。

少々悪い言い方かもしれませんが、自分に部下ができた際にも、悪いお手本がいることで、嫌な上司も役に立ってくれることがあるでしょう。

もっと合う職場を求め、転職を考えてみる

いろいろな方法を試してみても、どうしようもならない場合もあります。ストレスのせいで身体を壊してしまい、働けなくなってしまっては元もこうもありません。そういった場合には、「転職」を考えてみるのも選択肢のひとつです。

かつては、「仕事は1つの職場を定年まで続けるもの」「骨をうずめるつもりで」などと言われていたものですが、最近では働き方も多様化してきており、自分がより働きやすい職場を求めたり、さらなるキャリアアップを求めて転職することが当たり前の時代になってきています。

転職は、決してペナルティではない時代です。自分が心から充実した気持ちで働ける職場を求めて、転職した方もたくさんいます。嫌な気持ちでずっとそこで働いて神経と健康をすり減らすより、新しい環境へチャレンジする方がよっぽど賢い選択な場合もあるのです。

うざい上司と出会うことで人生が変わることも

考え方を少し変えてみると、うざい上司と関わることにより、少なからずあなたのメンタルは鍛えられ、心の器は広くなっているでしょう。嫌な人に鍛えられなければ、そういったこともなかったはずです。

そう考えると、うざくてどうしようもない上司も、ただうざいだけの存在ではなくなりますよね。嫌な思いや、腹を立てたりすることが続くと自分自身の心や身体にとってもよくないので、こういう考え方もできれば自分自身が少しラクになれるかもしれません。

しかし、無理は禁物です。

まずは、何よりも自分の心や健康を第一に考えてください。心や身体が壊れてしまったら、仕事ができなくなってしまいます。今の時代は、同じ会社で一生仕事続けるのが当たり前だという考えは古くなりつつあり、自分の働く環境をより良くするためや、自分のステップアップのために転職をする方が増えてきています。

そういった時代だからこそ、無理をして我慢することなく、思い切って新しい人生へと一歩踏み出してみるということも、とても大切なことなのです。

こちらもお薦めの記事・同じジャンルの記事

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。