あらゆる悩みは視野を広げて解決しよう!

あらゆる悩みは視野を広げて解決しよう!

人生向上アドバイザー&カウンセラーのnanaです!

今日は私が思っている人生の軸について話そうと思います。

私はこの軸になる考え方を発見、そして実践していった事で
長く悩んで塞ぎ込んだりする事が少なくなりました!

今でも悩んだりする事はありますが、以前に比べると
長く引きずったり、重く考えすぎる事がなくなり
早く解決ができるようになりました

全然難しい事ではないので、もしこの記事を読んで共感して頂けたら
是非取り入れてみてください^ ^

私がずっと軸にしている考え方は『二元性』です

二元性とは、この世の中は相反するものはセットだと言う事です。

例えば・・・
・光と闇
・裏と表
・善と悪
・右と左
・上と下
・暑いと寒い
・幸せと不幸せ
・S極とN極

のように一見反対のものは別々に存在しているように見えますが、
この反対のものは必ずセットで存在しています。

というよりも、これら全てどちらか片方だけでは存在できないのです。

考えてみてください。
表のないコインは裏も存在できません。
つまりない事になるのです。

右という概念がなければ左という概念は存在しません

磁石では必ずどちらかの面がS極でどちらかがN極です

貼り付けた画像を見てください。
もし磁石を真ん中からポキっと折ってしまっても
また必ず片方がS極、もう片方がN極になります
(確か小学生の理科で習ったような…)

 

つまり永遠にS極とN極を分離させることはできません

常にセットです。

これは私たちがいくら分けたくても地球の磁気が
自然の法則でこのようになっているのです。

暑いと寒いも、日本という地域では夏35℃という気温は暑く感じたとしても
毎年夏になると55℃くらいになるというデスバレーという地域では涼しく感じるはずです。

つまり35℃という気温は暑いも涼しいも両方含んでいるのです。

結局は何と比べて暑いか?寒いか?なので比べるもののない
どちらか片方では判断できないので、存在できないのです。

相反するものは人が分けるから存在するように見えるだけです。

だから幸せも不幸も必ずセットで存在しています。

と、長くなりましたがこれが私が軸にしている概念です。

そして次の2つの相談はどちらもとても多い相談内容です。

・子育てに疲れて本当に苦しいと悩まれて相談される方
・その一方で不妊でものすごく悩まれて相談してくる方

どちらの相談者の方も本当に悩まれています。

この相反する相談を受け私が皆さんに伝えたい事は
今の悩んでいる皆さんの状況は
ある誰かからしたら
喉から手が出るほど羨ましい状況
かもしれないという事です。

子供を育てるのは思っていた以上に大変で苦しく、1人の時間が欲しい。
ですが反対に、大変でもなんでもとにかく子供を産んで育ててみたい。
と本気で思っている人もいるのです。

どちらの方の状況もメリットとデメリットがありませんか?

今自分が本気で悩んで不幸だと思っている事も裏を返せば
とても幸せな面も持ち合わせているのです。

幸せと不幸はセットです。

なので悩んでいる時はその裏側の幸せにも焦点を当てて欲しいのです。

私はこのように両方に焦点を当てるようになってからは
本当に物事の見方が変わってきて、とても生きやすくなりました。

ある意味今の状況は幸せなんだなぁと。

痩せたいと本気で悩んでいるとしても、
飢餓で苦しんでる方からしたら喉から手が出る程羨ましい状況なのです。

初めは難しいと感じたり、
どうしても反対側を見つけられないと思うかもしれませんが
必ず変わってきますので是非少しでも
この考え方を取り入れてみて頂けると嬉しいです!

そして最後に。それでも子育てが辛いという方
私たち大人も完璧ではありません。
常に成長しながら人生を死ぬまで生きていきます。

時には心に余裕がなくなり強く当たってしまう。
そんな時はどうか子供と対等になって喧嘩してみてください

自分の方が大人なのに大人気ない態度をとってしまった
と思うから自分を責めます。

ですが子供も理不尽に困らせようとしたり、とても聞いてあげられないような
ワガママを言ってきたりしますよね。

そんな時は旦那さんと喧嘩するように、誰かと喧嘩してきたように
子供と対等に喧嘩してみてください。

すると子供も悪いと思って仲直りしようと謝ってきたり
反省することがあります。

イラついて当たる!のではなくてちゃんと喧嘩する。

私の周りの友達でも、
思春期によくお母さんと対等に喧嘩していた子は
例外なく今でも言いたいことを言い合えて
仲がいい親子の関係が気付けている気がします^ ^

幸せへの一歩はなろうと努力することではなく、
気付くことだと思います!

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。